終業式

2017/03/15 Wed (No.1620)

 今日は体育館で終業式です。3年生が卒業してしまっているので、いつもより広く感じます。とはいえ、入試のためしばらく生徒は登校できなかったので、久しぶりに会う生徒たちです。

 終業式のあと、ホームルームで通知簿をもらい、今年1年の終了です。2年生には春のオープンキャンパスに行くように勧めています。ホームルームのあと、進路の相談に進路指導室による生徒たちもいました。いよいよ新学年の準備の時期です。
関連記事

先生の若返り

2017/03/13 Mon (No.1619)

 今日も採点作業は続いていますが、その合間を縫って来年度の人事についての調整も行われています。ここ数年、高校教員の世界でも新旧の入れ替わりが激しくなっています。数年前までは50代後半の教員が中心だったのに、20代の教員のほうが多くなりつつあります。間を取り持つ30代後半から40代の教員が本当に少ないのです。

 高校によっては、両者の価値観の違いから二極分解しているところもあります。さいわいなことに、わたしの高校ではそういうことはありませんが、それでも意見の相違はよく見られます。

 担任団の先生も若返りました。新1年の担任団の半数を新採用の先生が占めています。生徒にとってはフレッシュでいいと思います。学年を引っ張っていく学年主任の先生は大変でしょうが、若い先生もいろんな経験をつんで成長していってほしいと思います。
関連記事

入試の採点

2017/03/10 Fri (No.1618)

 昨日は大阪府立高校一般選抜入試が実施されましたが、今日からは採点です。ミスのないように解答用紙のみならず採点用紙も新たに準備して何度も何度も点検を行いながら、何日もかけて採点します。そしてようやく3月17日の合格発表にこぎつけるわけです。

 受験生の保護者のみなさんが、高校を受験した80年代のおわりから90年代の初めのころはこうではありませんでした。受験日は3月16日、そしてその日のうちに採点が始まります。各教科ごとに全員で一斉に採点です。初日は、採点が午後7時や午後8時までかかることもありました。点検も2回行うのですが、それでもお祭り騒ぎのような雰囲気の中で一気に進んでいきます。

 合否は総合点で判断するのではなく、10段階の内申点と学力検査の成績をを10段階に区分した計20点満点の得点を基礎として決定していきます。2日間で成績を出し終えて、3月18日の朝には合格判定の会議があり3月19日の合格発表となるわけです。

 コンピュータの性能も今よりずっとずっと低かった時代、入試は人海戦術でおこなう一種の行事でした。 おそらく採点ミスも今よりずっと多かったのだろうと思います。しかし、今では、なんだか懐かしい気がします。
関連記事

大阪府立高校一般選抜入試実施日

2017/03/09 Thu (No.1617)

 今日は大阪府立高校一般選抜入試の実施日でした。午前7時半には多くの受験生が集まっています。人生初めての公立高校受験なので、緊張した面持ちの生徒たちです。

 8時から体育館で受験についての注意と説明があり、そのあと受験会場に誘導します。実際の試験は9時から15時過ぎまでです。昼食を食べるころには、受験生たちの緊張も少しずつほぐれてきます。5限目の社会の試験が終わると、合格者登校についての連絡があります。合格発表は3月17日午前10時。合格者は、当日午後、保護者同伴で登校することになります。

 ときたま受験生の中に、受験番号を書き忘れたとか、得点の欄に受験番号を書いたのではとか、不安に駆られる人がいますが、そんな心配は無用です。試験監督者はそれぞれの試験終了直後にその場で受験番号の記入を確認しています。安心して合格発表を待ってください。
関連記事

入学試験の準備

2017/03/08 Wed (No.1616)

 いよいよ明日は、大阪府立高校一般選抜入試の試験日です。教員のあいだでは、一般選抜入試についての打ち合わせがありました。受験生に対する指示、板書することがら、試験監督の方法など細かいマニュアルがあります。それぞれの受験教室でも、教室整備が行われます。受験番号を明示し、机の配置を正し、落書きがあれば消し、採光や放送のチェックも行います。どの教室のどの席で受験しても、公平であるように配慮します。

 また体調不良の受験生がいる場合や特別な配慮を要する受験生がいる場合の対応、明日の受験がすべての受験生にとって万全であるように細心の注意を払っています。皆さんはどうぞ安心して、受験に臨んでください。
関連記事


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示