大阪府立高校一般選抜入試実施日

2017/03/09 Thu (No.1617)

 今日は大阪府立高校一般選抜入試の実施日でした。午前7時半には多くの受験生が集まっています。人生初めての公立高校受験なので、緊張した面持ちの生徒たちです。

 8時から体育館で受験についての注意と説明があり、そのあと受験会場に誘導します。実際の試験は9時から15時過ぎまでです。昼食を食べるころには、受験生たちの緊張も少しずつほぐれてきます。5限目の社会の試験が終わると、合格者登校についての連絡があります。合格発表は3月17日午前10時。合格者は、当日午後、保護者同伴で登校することになります。

 ときたま受験生の中に、受験番号を書き忘れたとか、得点の欄に受験番号を書いたのではとか、不安に駆られる人がいますが、そんな心配は無用です。試験監督者はそれぞれの試験終了直後にその場で受験番号の記入を確認しています。安心して合格発表を待ってください。

入学試験の準備

2017/03/08 Wed (No.1616)

 いよいよ明日は、大阪府立高校一般選抜入試の試験日です。教員のあいだでは、一般選抜入試についての打ち合わせがありました。受験生に対する指示、板書することがら、試験監督の方法など細かいマニュアルがあります。それぞれの受験教室でも、教室整備が行われます。受験番号を明示し、机の配置を正し、落書きがあれば消し、採光や放送のチェックも行います。どの教室のどの席で受験しても、公平であるように配慮します。

 また体調不良の受験生がいる場合や特別な配慮を要する受験生がいる場合の対応、明日の受験がすべての受験生にとって万全であるように細心の注意を払っています。皆さんはどうぞ安心して、受験に臨んでください。

2017年度大阪府立高校一般選抜入試最終集計

2017/03/07 Tue (No.1615)

 大阪府公立高校一般選抜入試の志願者の最終集計が発表されました。(出典 「朝日新聞」3月7日朝刊)

最終1
最終2

 平均競争倍率は1.17倍で、学力検査は3月9日です。募集定員に満たない高校が25校ありますが、定員割れが固定化されてきているのが気にかかります。

受験校を迷っている君へ

2017/03/05 Sun (No.1613)

 明日の14時に、大阪府立高校一般選抜入試の出願が締め切られますが、まだ受験校を迷っている人もいると思います。実は昔のことですが、わたしの次男もなかなか受験校を決めることができず、最終日の午後にやっと出願した経験があります。

 高校からは1時間ごとに出願者数が報告されてきますので、中学校でそれを参考にしながら、受験校を決定すればよいと思います。いつ出願したから不利になるということはなく、試験はすべて平等ですので、悩む人は悩んで構いません。実際、受付をしていて、受験校を訂正して出願される志願書もときおり見かけます。

英検の資格が間に合わない?

2017/03/05 Sun (No.1612)

 今年の大阪府立高校一般選抜入試では、英語の外部資格が英語の得点に反映されるシステムを採用しています。わたしはこの制度には反対ですが、実際に英検などの資格を取得してそれを活用したい受験生もいると思います。受験生の立場に立って考えましょう。

 英検2級を例にとります。今年から志願書には、外部資格を記入する欄がありますので、⑧の欄の3のところに〇を付けてください。そして英検の合格証書のコピーとそれが原本と相違ないことを証明する中学校の証明書とを出願時に提出します。

志願書

 ところで第3回の英検の合否結果がわかるのが2月28日、合格証書の郵送が3月6日となっていて、証書のコピーの提出が高校の出願に間に合わない場合があります。教育委員会では、3月2日に「l出願時に第3回実用英語技能検定のスコア等の証明書の写しの添付ができない場合は、出身中学校に連絡し、中学校長からあらかじめ志願先高等学校長に連絡したうえで、入学志願書の「⑧英語資格(外部検定)を活用する志願者」の欄の該当の番号に○を付けて出願し、中学校長が原本と相違ないことを証明した証明書の写しを、志願先高等学校長に3月7日(火)の15時までに提出する」と通達しています。また「第3回実用英語技能検定の証明書が出願に間に合わないと判断し、入学志願書の⑧の欄に○を付けずに既に出願した場合も同様の対応を行うので、出身中学校に連絡し、中学校長から速やかに志願先高等学校長に連絡し、中学校長又は代理者が証明書の写しの提出を行うとともに、入学志願書の該当する欄に○を追記すること」とも書かれています。

 ですから、第3回の英検で2級以上の資格を取得した場合は、あきらめずに中学の先生に相談してみてください。教育委員会(今は教育庁というそうですが)らしい泥縄の対応ですね。


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示