Office2013Academic

2013/12/23 Mon (No.1310)

 これから購入するのなら、Windows8.1のコンピュータがいいと思います。従来のコンピュータのプログラムだけでなく、スマートフォンのようなウィンドウズ・アプリもインストールできます。

 ワープロや表計算はOffice2013が便利でしょう。類似の無料のプログラムやKingsoftなどの安価なプログラムもありますが、Officeとは微妙に違っていて、成績に結びつくレポートや研究成果の発表には不向きだと思います。

 Office2013がプリインストールされているコンピュータを買うこともできますが、Office2013を購入して、自分でインストールすることもできます。学校の教職員や学生の場合、格安のOfficeProfecional2013Academicを購入することができます。2台のPCにインストールすることができ、Amazonで2万4千円程度です。本当は1台のPC用に半額で販売するべきだと思うのですが、何しろ独占企業で、すべてがMicroSoftの思うがままです。とはいえわたしもこのAcademic版を使用しています。

 製品版のOfficeを買う利点は、プリインストール版と異なって、コンピュータを買い替えても、Officeを再インストールできることです。Officeがプリインストールされたパソコンとされていないパソコンとの価格差が2万円程度なら、Officeの製品版を購入したほうが有利かも知れません。

パソコンの購入

2013/12/22 Sun (No.1309)

 推薦入試に合格して、春から大学生になるひとも多いと思います。大学生になったら新しいノートパソコンをと考えているかと思います。新入生や新入社員を対象としているようなテレビでのノートパソコンやタブレットPCのコマーシャルもよく見ます。

 高校では、情報の授業は必修ですから、みなさんはWORDやEXCELは勉強してきたことと思います。大阪府の高校では、Office2007かOffice2010を授業で使用しています。大学でもレポートの提出にはWORDやEXCELを使用することだと思います。プレゼンテーションではPOWERPOINTを使用するでしょう。

 もし、わたしがコンピュータを新しく買うとしたら、持ち運ぶことも考えて、13インチから15インチくらいの軽いノートパソコンを買います。Office2013が軽く動くためには、CPUはCore-i5かCore-i7。無線LANは必要ですが、DVDは外付で十分です。いわゆるウルトラブックが便利ではないかと思います。タッチパネルは、パソコンとして使用するには必ずしも必要ありません。

 またタブレットとしても使用したいなら、Windows8を搭載したタブレットPCも便利ですが、メインコンピュータとしてはやや使いづらいかも知れません。みなさんは、スマートフォンを持っていることだと思いますので、ここは機能を分離して、パソコンはパソコンと割り切ったほうがいいと思います。

 これから春にかけて、つきつぎとニューモデルが発表されることでしょう。みなさんの用途に合った1台を選んでください。しかし、あまり高価なものを購入する必要はありません。

Excel2013のVBA

2013/12/21 Sat (No.1308)

 入試結果の一覧表を作るためにデータを加工していくときに、わたしはExcelのVBAを使用しています。Excel2003のときは、VBAはマクロボタンの項目のなかにあったのですが、Excel2013では、VBAを編集する場所がわかりません。上の図がExel2003のマクロボタンで、下の図がExcel2013のマクロボタンです。

Excel2003
excel2003.png

Excel2013
excel2013.png

 VBAを編集するときには、そんなわけで、Excel2003で仕事をしています。Excel2013は便利だと思いますが、CPUによっては、やはりExcel2003より動作が重いし、不安定です。

P.S. 先ほどインターネット上でVBAを作成・編集する方法を見つけました。Excel2013では、開発タブを表示しなければならないのです。開発タブを表示するとそのなかに、VisualBasicEitorのボタンがありました。少しずつExcel2013にも慣れていかなければなりません。

Windows8.1へ

2013/11/07 Thu (No.1263)

 Windows8のパソコンをWindows8.1にアップデートしました。ASUSのノートパソコンにインストールされていたのは最新のWindows8だったので、ストアからすぐにWindows8.1にアップデートすることができました。しかし、Windows VistaをWindows8にアップグレードしたものは、まずWindows8を最新のものにしないと、ストアにアップグレードする案内が現れません。WiMaxでの回線なので、アップデートそのものが遅く、最新のWindows8にアップデートされるまで結局1時間かかりました。そのあとやっとWindows8.1にアップグレードです。

 Windows8.1は、みなさんご承知の通り、画面左下にスタートボタンが現れます。それを右クリックすることでシャットダウンなどのプルダウンメニューが現れます。マウスを画面、右上か左下に持ってこないと、設定ボタンが現れなかったWindows8と比べて使いやすくなっています。またインストールされているソフトウェア(アプリ)の一覧もスタート画面の左下に出る矢印をクリックすることでか表示することができます。

 Windows Vistaと比べてWindows8.1は起動が早く、なれると使いやすいかもしれません。次はこれに、Office2013を導入しようと思います。

Windows Upgrade

2013/11/04 Mon (No.1260)

 わたしがふだん使っているパソコンは、デスクトップ、ラップトップ合わせて4台あります。Windoes8はASUSのものだけで、あとは、Windows Vistaが2台、Windows7が1台となっています。Office2013を使うためには、OSがWindows7かWindows8でないといけないので、さっそくWindowsのアップグレードをしました。

 まずWindows Vistaのディスクトップパソコンに、Windows8をインストールしました。昔からVistaの評判は、あまり芳しくなく、いつかはオペレーティングシステム(OS)を入れ替えようと思っていたので、ちょうどいい機会です。Celeron 3.2GHzなので性能はそれほどよくありません。OSの導入に約30分、光ケーブルではなく、WiMaxの回線を使用したので、Windows8のアップデートに1時間くらいかかりました。いままでのファイルはWindows.oldに保存されているようですが、すべてのソフトを再インストールする必要がありました。

Office2013

2013/11/03 Sun (No.1259)

 Windows8のノートパソコンASUSのS400CA-CA3317を使う機会が多くなりました。このノートパソコンにはOffice2013をインストールしてあります。いままでOffice2003で十分と思っていましたが、Office2013を使い始めると、やはり新しいOfficeのほうが、格段に使い勝手がよくなっています。グラフィカルユーザーインターフェース(GUI)が拡充され、直感的に操作できるようになっています。昨日と一昨日のブログに示したグラフはExcel2013で作ったものです。グラフウィザードも使いやすく、いろいろなグラフをプレビューしながら作成することができます。

 ONKYOのネットブックにOffice2013の評価版を一度インストールしたことがあるのですが、CPUの能力が低いため、動作が大変重たく感じました。ASUSのCore i5だと快適に動いてくれます。Windows XPとOffice2003が来年3月でサポートを終了します。その後もOfiice2003が使えなくなるわけではありませんが、家にある何台かのパソコンの環境を整備したいと思っています。

ASUSのS400CA

2013/10/20 Sun (No.1242)

 10月の初めに、ついにWindows8のノートパソコンを購入しました。ASUSのS400CA-CA3317というコンピュータです。価格コムをのぞいていても、ASUSのノートパソコンの値段は9月以来、上がり続けています。ASUSのCorei5のものを調べてみると、一番小さい11.6インチのディスプレイのもので、8月末には4万円台だったものが、現在では6万円台になっています。

 わたしが購入したのは、14インチのディスプレイのものです。楽天で5万円台後半でした。S400CAはONKYOのネットブックC423A4とは格段にスピードが違います。Windows8の起動も早く、快適に作動しています。Office2013も、いままでのOfficeと比較して非常に使いやすく感じています。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示