2016大学入試カレンダー(文系)

2015/11/30 Mon (No.1488)

 夕陽丘予備校がいつもこの時期に、とても見やすい関西私大の一般入試カレンダーを届けてくれます。一目で入試日の重なりがわかる、よくできたカレンダーですのでご紹介します。(出典 「Shinro 2015 autumn」 夕陽丘予備校)

2016文系1

 受験には、第一志望の大学とそれよりも上位校との日程が重なっている受験日を選ぶのが得策です。例えば関大が第一志望であれは、関学や同志社と同一日程の受験日を選んだほうが合格しやすくなります。

 明日は理系のカレンダーを掲載します。

3月になってからでも出願できる京阪神の大学

2015/02/27 Fri (No.1449)

 昨日に引き続き、3月になってからでも出願できる京阪神の大学の一覧です。

京都の大学
kyoto.jpg

大阪の大学
osaka1.jpg

兵庫の大学
hyogo.jpg

 センター試験のみのところも多いですが、とりあえずご紹介します。


3月になってからでも出願できる東京の大学

2015/02/26 Thu (No.1448)

 国公立大学前期入試の2次試験も終わり、受験シーズンも終盤となりました。しかしながら、不本意な結果しかでていない受験生もいると思います。今日は、3月になってからでも出願できる大学を紹介したいと思います。今日は、東京の大学の紹介です。(出典 「咲かせよ! 受験生」 全国学校案内資料管理事務センター)

3/1~3/8
東京1a

3/9~3/23
東京2

 3月の入試は、募集規模が小さくセンターのみのところも多いですが、多くの受験生が、行き先が決まった後の受験です。パイも小さいかわりに、そのパイを狙っている希望者も多くはないのです。浪人を決め込む前に、まだ自分の志望する大学の受験のチャンスが残っていれば、一度チャレンジしてみてください。

進路データのまとめ

2014/03/22 Sat (No.1401)

 大阪府立大学中期日程の発表は明日行われますが、今日までに、ほとんどの国公立大学後期日程の合格発表が終わっています。関西では大阪大学、大阪教育大学、大阪市立大学、大阪府立大学の後期日程の合格発表が今日でした。

 後期日程に失敗したひとも、私立大学に進学するか、浪人するかを決めなければなりません。わたしの高校でも来週には、ほぼすべての受験生の行き先が決定することと思います。それを受けて、わたしの最後の仕事として、進路状況をまとめたいと思います。

近大の集客力

2014/03/17 Mon (No.1396)

 近畿大学はまた宣伝の上手な大学です。沿線の電車には巧みなキャッチコピーの吊り広告が下がっていますし、完全養殖のクロマグロを提供するアンテナショップも大阪に続いて東京にも進出しました。

 入試センターの高大連携課の人々も親切です。高校で、保護者を対象とした講演会でも、教師対象の勉強会でも、生徒対象の説明会でも、近大の担当者は二つ返事で来てくださいます。

 近年は理系ブームですが、近大は、医学部・薬学部をはじめ関西圏に理工学部・農学部・生物理工学部など多くの理系学部をもっています。理系学部の多い総合大学であることも、近大に受験者が集まる理由の一つです。

近畿大学志願者全国1位

2014/03/16 Sun (No.1395)

 2014年度入試の近畿大学の志願者が10万5千人を突破して、全国1位となりました。明治大学や早稲田大学を抜いて、関西の大学が首位となるのは初めてのことです。(出典 「毎日新聞」3月5日)

 その原因として考えられるのは、第一にネット出願への移行です。昨年からネット出願を本格的に導入し、今年は、「かみ頼みの受験は、もうやめだ」として、紙の願書からネット出願のみに切り替えました。そのことによって事務費が軽減されると同時に受験料を割引しました。また数年前から複数回の受験でも調査書は一枚しか必要でなかったため、出願がしやすくなっていたこともあります。

 次に近畿大学の立ち位置もあります。近畿大学は国公立大学や同志社大学・関西学院大学の安全校であるだけでなく、摂南大学や桃山学院大学の挑戦校でもあり、幅広く受験生を集めてきました。推薦入試制度がある大学のなかでは偏差値が最も高く、難関大学を受験する高校生が腕試しに近畿大学の推薦入試を受験するという背景もあります。合同進学説明会で、高校生を最も集めているのは、関西大学と近畿大学のブースです。

 そのほかに、いくつかの理由が考えられますが、それはまた別の機会にしたいと思います。

私立大学の合格発表

2014/02/25 Tue (No.1376)

 高校の前期入試が終わり、あさっては合格発表です。そして3年生の卒業式、前期入試合格者登校と2月終わりには、たくさんのイベントがあります。

 また2月の終わりには、多くの私立大学の合格発表があります。連日のように、進路指導部にも合否通知が届きます。ほとんどの生徒や卒業生は、高校に合否結果を連絡してくれていて、進路データを作成できるのですが、なかには大学から高校に合否結果を連絡しないようにしているひともいます。個人情報といえばそれまでですが、結局、担任や進路指導部から、直接電話やメールで結果を聞き出すことになります。二度手間になりますので、高校には合否連絡が届くようにしておいてください。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示