大学受験が終わってからでは就職はできない

2014/09/27 Sat (No.1416)

 「大学受験に失敗したら就職に変更」というパターンは基本的にありません。生徒たちには何度も話しているので、そのことをわかっているのですが、保護者のみなさんのなかには、就職を安易に考えている方も、ときおり見受けられます。

 縁故で就職するのでなけれは、高校生の就職は、高校の進路指導部を通じての斡旋就職となります。高校生が直接ハローワークに行って求職活動をすることはできません。斡旋就職の求人票の公開時期や就職試験の開始時期も決められています。9月16日が就職試験の開始日で、9月下旬か10月初旬には第一次就職試験の結果がわかります。生徒たちが勤めたいと思う就職先は、一次募集で満杯となっています。ですから時期的にも、大学の公募制推薦入試の終わる12月では、募集している事業所はありますが、職種は限られてくるのです。

 就職を希望する生徒には、4月の初めから学科試験や面接試験の練習を何度も繰り返して行います。これらは、大学を受験するのとは異なり、マンツーマンの指導が必要となります。大学入試が終わってからでは、十分に指導することは困難です。就職を希望するかどうかは、遅くとも3年生の4月に決めることが大切なのです。

 わたしのかつての事例で、大学進学を希望して勉強していたが、家庭の経済的事情が急変して就職せざるを得なくなった生徒がいます。成績も優秀、性格も温厚な生徒で、志望大学に合格できる実力も備えていたのですが、9月の下旬に急に就職に変更したため、就職の一次募集には間に合いませんでした。その結果、10月に2社受験して失敗し、ようやく3社めに内定をもらいました。

 今より、就職状況が厳しかった頃の話ですが、就職を甘く考えていると望み通りの就職をすることはできません。進学では、進学するものが費用を負担しますが、就職では、事業所が給料を負担するのです。

高卒求人倍率はリーマンショック前まで回復

2014/09/16 Tue (No.1413)

 今日から、高卒求人の採用試験が始まりました。もう早速採用試験を受験した高校生もいることでしょう。厚生労働省の発表によると、7月現在での求人倍率は1.28倍で、リーマンショック直前の状態にまで回復しています。下のグラフをご覧ください。(出典 「平成26年度『高校・中学新卒者の求人・求職状況』取りまとめ」 厚生労働省)

求人状況

 しかし、いくら求人倍率が回復したからといって、自分が採用されるかどうかには常に不安がつきまといます。学科試験には自信があっても、面接試験には自信が持てない人もいます。どんなことが、面接試験で質問されるかは、かつて書いたことがありますので、そのときの記事を参考にしてください。

高校新卒者の求人・求職状況の推移

2014/02/16 Sun (No.1367)

 JSコーポレーションから、過去10年間の高校新卒者の求人・求職状況の推移が送られてきました。。(出典 「進路データVol. 530 」JSコーポレーション)

求人求職9月

 リーマンショックの影響で急激に悪化した就職状況が、徐々に回復してきているのがわかると思います。就職をあきらめてしまう生徒がまだいない、第1回就職試験が始まる9月時点での求人・求職状況ですので、信用度の高いデータです。

 リーマンブラザーズの破綻が2008年(平成20年)9月ですから、2008年9月時点では、高卒求人市場にはそれほど影響はでず、2009年に急激に求人数が減少します。

第2回合同求人説明会

2014/02/04 Tue (No.1355)

 今年は近隣の高校でも就職状況は改善しているようで、10月末時点で府立高校の就職内定率は2.9ポイント上昇し、未内定者は2296人と昨年より305人減少しています。そのため、11月5日に実施された合同求人説明会でも参加生徒は昨年より2割減少しました。

 しかしまだ就職が内定していない生徒もいます。そういった高校生のために、第2回合同求人説明会が、明日難波の御堂筋ホールで実施されます。事前の案内によると参加事業所は25社とのことです。高校から事前に参加申込書をFAXして参加するのですが、WEB求人と違って、直接採用担当者と話ができるので、仕事の内容や事業所の様子をより詳しく知ることができます。また倍率もWEB求人ほど高くならないので、採用されやすいといえます。

複数応募開始

2013/12/01 Sun (No.1288)

 いよいよ今日から12月となります。大阪の高校生の就職に関しては、今日から複数応募が可能となります。わたしの高校では、もともと就職希望者が少ないこともあり、希望者は全員就職が決まりました。また先日、就職希望者がある程度多い高校の就職担当の先生と飲む機会があったのですが、その学校でもすでに全員内定しているとのことでした。

 リーマンショック以降、12月、1月と年を越えても就職が決まらない生徒が、どの高校にも必ずいるのですが、今年はその生徒数が少ないように思います。この時期になると、残っている求人は、介護や理美容が中心になるのですが、製造業やサービス業でもそこそこ求人があるようです。

最終学歴別年収比較

2013/11/02 Sat (No.1258)

 昨日は、大学卒業生の雇用形態別年収のお話をしましたが、同じ統計のなかに、高校卒、専門学校卒、大学院卒の資料もありますのでご紹介します。ただし、大学院卒のパート・アルバイトの資料はありませんでした。(出典 前掲資料)

高卒年収
専門年収
大学院卒年収




 最終学歴別の正規雇用者の年収の違いも比較することができ、興味深いです。大学卒については、昨日のブログをご覧ください。

求人倍率の推移

2013/10/02 Wed (No.1224)

 9月13日に厚生労働省から「平成25年度『高校・中学新卒者の求人・求職状況』取りまとめ」が発表されています。それによると今年の7月末現在の求人倍率は0.93倍で、昨年と比べて0.18ポイント上昇しています。

求人

 平成21年、22年と比べれば、まだ倍率は低いですが、少しずつ求人数は上昇していっています。


プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示