光の春

2013/02/18 Mon (No.994)

 今年の冬はことのほか厳しく、気温の低い日が続いています。それでも時折、春を思い起こさせる穏やかな日があったりして、もうすぐそこまで春が来ていることを感じます。朝の日差しは冬の日と違って輝いて見えます。

 いつもより2週間ほど遅いのですが、わたしの家の庭の梅もつぼみを膨らませ始めました。年によって、花や果実の数に違いがあっても、毎年、花を咲かせ実をつけてくれます。少しずつ老木になっていきますので、今年はもはや20kgの果実は収穫できないだろうと思います。

pflaume2 - コピー

 とはいえ、光の春です。新しいつぼみが春が近いことを知らせてくれます。

関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示