大学入試センターの不正確な志願者数

2013/02/11 Mon (No.987)

 国公立大学2次試験の志願者数は「大学入試センター」の「平成25年度国立大学入学者選抜の志願状況」に発表されていますが、必ずしも正確ではありません。2月6日17時が出願締切であるにもかかわらず、現在でも2月6日の15時時点での情報しか載せられていないからです。

 「学部別志願状況」においても、「志願状況検索システム」においても15時時点の情報しかありません。それからの志願者受付数はわずかですが、「大学入試センター」は正確な数字を発表すべきだと思います。確かに「大学入試センター」のページにおいて15時現在の志願状況と但し書きをつけていますが、そのことによって直ちに許容されるものではないと思います。たとえば大阪府立大学の「現代システム科学域」の前期入試志願者数は「大学入試センター」発表では、955人ですが、大阪府立大学発表では968人となっています。

 昨年度は、わたしの記憶に間違いがなければ、「大学入試センター」も最終志願者数を発表していたと思います。各大学は、当然正確な志願者数を発表していますので、正確な志願者数を知りたい場合は、個々の大学のホームページをご覧になってください。しかしこれでは、「大学入試センター」の情報が何のためにあるのか疑問に思いますね。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示