大学授業料の推移

2010/09/26 Sun (No.97)

 大学の入試検定料も高額ですが、授業料も高額です。70年代のなかば、わたしが学生だった頃、国立大学の学費は年36000円、私立大学の学費は年150000円でした。現在、それは、国立大学で54万円、私立大学で90万円です。国立大学で15倍、私立大学で6倍になったわけです。

 ではこの間に物価はどれくらい上昇したのでしょうか。次のグラフをご覧ください。上のグラフが大学授業料の推移、下のグラフが1975年を100としたときの指数です。1975年とくらべて、2007年では、物価は2倍、私立大学の学費は4倍、国立大学の学費は15倍となっています。(出典 平成21年度文部科学白書)

授業料の推移

大学授業料と消費者物価指数の推移

 国立大学の学費はひとまずおくとして、私立大学の学費でも家計に与える負担は、当時の2倍となったのです。1975年の大学進学率は27%、現在のそれは53%ですから、多くの家庭が教育費負担に苦しむのもうなづけます。
関連記事

コメント

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示