桜宮高校生徒募集停止

2013/01/19 Sat (No.964)

 受験生の皆さん、センター試験はいかがでしたか。いくつかの予備校の講評を見てみると国語が難化したようです。まだ明日があるので、今日は答え合わせをせず明日に備えてください。

 ところで、体罰によって自殺した生徒を抱えるクラブを有する大阪市立桜宮高校の体育科とスポーツ健康学科の募集を停止すると大阪市長は述べています。また同時に運動部顧問教諭全員の異動を実施しなければ関連予算を支出しないと表明しています。橋下市長は17日の会見で「まずはストップをかけて実態を解明した方が、子どもたちのためになる」とし、市教委が入試を中止しなければ、入試に必要な予算を認めないとしています。また、校長を含む全教員を他校に異動させることも市教委に要求したとのことです。(出典 「朝日新聞」1月18日朝刊)

 いつもそうですが、市長は自分の意見が正しいとし、反対意見にはなかなか耳をかそうとしません。体罰は許されることではありませんし、バスケットボール部やバレーボール部の指導の体質は払拭されなければなりません。校長や関係教諭への処分は当然です。原因の解明も急務です。しかし、桜宮高校には体罰は行わず生徒のために親身になって教育に携わってきた先生もいるはずです。なぜ連帯責任ですべてを否定してしまうのか。もしすべての教員が異動すれば、どのようにして桜宮高校を運営していくのか。残された桜宮高校の生徒の教育に悪影響は出ないのか。とりわけ、受験機会を奪われることで、桜宮を目指してがんばってきた中学3年生はどうすればいいのでしょうか。かれらには罪はありません。市長は17日の会見で「ひとつの受験ができないから人生終わりなんてことはない」と述べています。わたしはこの言葉を聞いて無性に悲しくなりました。受験したい中学生の受験機会を奪っておいて、その言葉はないでしょう。

 いずれ、市長はどこかで妥協するのだと思いますが、権謀術数を用い、戦略的政策がめだつ市長には、誠実な心がないように感じられます。
関連記事

コメント

Secret

同感です。

娘が桜宮高校普通科OBですが、橋下市長の方針にはかなり怒っております。家内も同様です。市長選挙では家族三人とも(示し合わせた訳ではありませんが)橋下さんを支持して投票しましたが、さすがに今回のやり方を見る限り正しいやり方だとは私も思えないですね。

「夜回り先生」の記事にもありましたが、橋下市長は余りにも幼稚過ぎると思います。こんな方針を二度三度続けていれば、次の選挙で有権者の厳しい洗礼を受けるでしょうね。橋下市長を支持してきた有権者の一人として、とても残念でならないですし、正しい判断を期待したいものです。


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示