地方国立大学から大都市圏にUターン就職できるのか

2012/12/17 Mon (No.930)

 地方国立大学に進学すると地元で就職できないのではないかと心配される大都市圏の保護者の方が多いと思いますが、実際には結構Uターン就職は多いのです。昨日紹介した滋賀大学経済学部のデータがありますのでご紹介します。(出典 「滋賀大学ホームページ」http://www.econ.shiga-u.ac.jp/9/res.0/shozaichi2012.pdf)
 
 それによると大阪府出身者の大阪での就職割合は17/38、京都府では20/51、兵庫県では17/40、滋賀県では36/75となっています。

 一番就職者が多いのは、出身の都道府県だということがおわかりになると思います。滋賀大学経済学部は地方国立大学のうちでも中堅上位大学に入ります。ですから就職先にも大企業が多く見られます。地方国立大学であれば、たとえ難易度が高くなくても、中堅以下の私立大学より就職面で門前払いされることは少ないといえます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示