センター試験受験上の注意

2012/12/12 Wed (No.925)

 大学入試センターから「センター試験受験上の注意」という小冊子が送られてきました。

 受験に必要なものは、受験票と写真票(どちらにも同一の写真を貼付します)、黒鉛筆、プラスチック消しゴム、時計などです。試験中にめがねをかける人はめがねをかけた写真を貼り付けます。写真は大学の個別試験の出願の際にも必要ですから、多めに用意しておいてください。鉛筆はH、F、HBに限るとありますが、HBのマークシート用鉛筆が発売されていますのでそれが使いやすいでしょう。またマークシート用消しゴムもあります。時計は音がしたり、辞書機能や電卓機能のあるものは使用できません。携帯電話やスマートフォンは電源を切り、かばんの中にしまいます。

 受験の際にはマークミスをしないことはもちろんですが、解答科目のマークミスは解答科目が特定されないため0点となります。また、地歴公民の2科目受験者が、選択できない科目の組み合わせをマークしていたときは、第1解答科目は選択した科目どおり採点し、第2解答科目は0点となります。

 なお、試験日当日はかならず公共の交通機関を利用してください。積雪などで公共交通機関の遅延や運休がある場合は受験特別措置がなされることがありますが、保護者の自家用車に同乗していて遅れた場合は、特別措置は講じられません。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示