就職試験と文化祭

2010/09/20 Mon (No.91)

 就職試験が9月16日から開始されています。大阪では、高校の文化祭を9月に行うところがほとんどです。そのため9月の中旬以降に文化祭が開催される学校では、就職試験日と重なる場合があります。もちろん就職試験最優先です。

 試験日がいつになるかは、企業が応募状況を勘案して決定するので、事前に知ることはできません。わたしの高校では文化祭が先週末だったので、就職希望の生徒はしきりに就職試験日を気にしていました。せっかく練習し、楽しみにしている文化祭に参加できなくなるからです。その生徒がクラスの出し物の大切なパートを担っている場合もあります。さいわい文化祭と就職試験が重なることはありませんでした。

 文化祭より試験日が先であった生徒は、文化祭で思い切りはじけていました。今週には、試験の結果が判明します。ずいぶん就職のための練習をしたので合格すると思っています。しかし、第一次の就職試験で不採用だった生徒には、すぐ対策を考える必要があります。指定校求人の企業にまだ募集があるか問い合わせたり、新規WEB求人を閲覧して受験できる企業を探したりします。

 今年は、一次採用に失敗するといばらの道になりそうです。今日、新規のWEB求人がないか調べてみたのですが、9月になって新たに募集を行ったのは、大阪全域で33社に過ぎません。美容や調理のサービス業で12社、電工などの製造業で10社です。販売業はわずかに2社、事務職にいたっては0社でした。一次試験に失敗した生徒は、職種の変更も含めて、柔軟に対応する必要があります。職種や業種に固執すると最後まで就職が決まらない可能性があります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示