同志社大学グローバル地域文化学部の新設

2012/11/14 Wed (No.897)

 同志社大学の文学部、法学部、経済学部、商学部は2013年から4年間すべて今出川キャンパスでの授業となります。またグローバル地域文化学部が来年4月に新設され、アジアコース、アメリカコース、ヨーロッパコースの3コースが設置されます。今出川キャンパスの北側に烏丸キャンパスを新築し、ここが拠点のキャンパスとなります。もちろん文科省から認可されていますので心配ありません。

 一昨年開設されたグローバルコミュニケーション学部には、英語コースと中国語コースがあり、コミュニケーション能力に力点を置いた異文化理解教育を主眼に、1年間の留学が必修となっています。これに対してグローバル地域文化学部では、グローバルな観点から諸問題を研究し、国際社会で活躍できる能力の獲得を目標としています。

 第1回ベネッセ・駿台マーク模試の結果では、グローバル地域文化学部の偏差値は、グローバルコミュニケーション学部の英語コースよりはやや低く、68がB判定値(合格率60-80%)となっています。ただ、グローバル地域文化学部のヨーロッパコースでは、定員に対して多くの希望者を集めているので注意が必要です。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示