保護者の大学進学動向

2012/11/01 Thu (No.883)

 毎年、春から夏にかけて全国各地でライオン企画が運営する「大学フェア」が開催されています。多くの大学が参加する合同進学説明会で有意義なものなのですが、大阪での実施が8月末と遅く、高校の授業が始まっており参加はしていません。

 先日その「大学フェア」の実施報告書が送られてきました。そのなかに、保護者アンケートの集計結果があり、保護者が進学についてどのように考えているのか、かいま見えてきます。下のグラフをご覧下さい。(出典 「大学フェア 実施報告書」ライオン企画)

進学動向
進学動向1

 大学を選ぶ際に、保護者は「教育内容」と「就職実績」を重視しているのが分かります。また「大学フェア」に来場する保護者では、「国公立大学」希望が半数で、「私立大学」と合わせて91%を占めています。進学地域については、「地元志向」が第一位となっています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示