センター試験のICプレーヤーのイヤホン不適合の場合

2012/09/26 Wed (No.845)

 皆さんはもうセンター試験の志願票を担任の先生に提出しましたか。またリスニングのICプレーヤーのイヤホンも試してみましたか。わたしの高校では、センター試験出願説明会のあと、希望者にはイヤホンを実際に装着してもらいました。

 イヤホンがうまくあわないという生徒もいましたが、そんな生徒のほとんどはイヤホンの左右を間違えて装着しているのです。左右では微妙に形が違い、間違えるとうまく装着できません。正しく装着しても、イヤホンがうまく適合しない場合は、大学入試センターのホームページから、「イヤホン不適合措置申請書」をダウンロードして、最寄りの大学入試センター試験に参加する大学(これも大学名入試センターのホームページに載っています)の入試担当窓口で確認の署名をしてもらい、志願票に貼り付ける必要があります。

 出願時にイヤホン不適合措置の申請がない場合は、ヘッドホンの貸与はありません。試験当日イヤホンの不適合を訴えても、対応してもらえません。そんなときは、片耳のイヤホンを手で押さえて解答することになります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示