センター試験の科目選択

2012/09/13 Thu (No.832)

 センター試験で受験者が一番多い教科は英語です。国公立大学でも私立大学でも、理系でも文系でも、センター利用の時には英語は必要です。つづいて国語の受験者が多いです。文系の受験者のほうが理系の受験者より多いからです。

 国公立大学受験者は、5教科7科目の受験が必要です。文系の受験者は、英語、国語、数学1Aと2B、地歴・公民から2科目、理科から1科目の選択となります。理科では生物を選択するものが多いと思います。理系の受験者は、英語、国語、数学1Aと2B、地歴・公民から1科目、理科から2科目の選択となります。地歴・公民では地理Bか公民科から1科目受験する人が多く、理科では、物理と化学の2科目受験が無難です。

 多くの私立大学ではセンター試験のうち3科目が必要です。文系の受験者の多くは、一般入試で地理が受験科目にないところがあるので、英語、国語と世界史Bもしくは日本史Bの3科目を受験します。理系の受験者は、英語と数学1A、数学2Bと物理もしくは化学を受験する場合が多いです。

関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示