GATB適性検査

2012/09/09 Sun (No.828)

 ざっと求人票を一覧した限り、高卒求人では適性検査を実施しない事業所のほうが多いように思います。わたしの高校では1年に数人しか就職しないので、実際に受験した適性検査についてはほとんど資料がありませんが、一昨年受験した生徒の残した資料にGATB適性検査というのがありました。これは、職業に必要な基礎的な能力の特徴を測るものです。

 わたしの学校では、5月ごろ職業領域適性を測るために、就職希望者に対して「進路指導・職業指導用」のGATB検査を実施しています。知的能力、言語能力、数理能力、書記的知覚、空間判断力、形態知覚、運動能力など、結構詳しく職業適性を測る事ができます。筆記でのテスト以外に、器具を使用したテストもあります。内容については、残念ながらここでは触れることができませんので、外観のみ示します。

GATB.jpg

 その他の適性検査にYG検査やクレペリン検査などがありますが、練習をつむことによって結果をコントロールすることができるようで、わたしとしては、あまりふさわしい検査とは思っていません。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示