二重の虹

2012/08/31 Fri (No.818)

 今日の夕方、空一面が掻き曇り、沛然とした驟雨となりました。あまつさえ雷鳴が響き渡ります。近くで落雷もあるようです。一秒にも満たない停電も、幾度かあります。部活動や文化祭準備を終えて、まさに帰宅しようとしている生徒たちも、この雷雨の中をさすがに校舎から出ることはできません。非日常的ともいえる体験の中で、生徒たちは興奮して教室や下足室で騒いでいます。

 しかし、小一時間もしないうちに、雷は遠のき雨も小降りになってきました。雨宿りをしていた生徒たちが東の空を見上げています。生徒たちの見遣る方向を眺めると、そこには虹。夕日を映して、途中で途切れることなく全天にかかる七色の円弧が見えます。鮮やかでくっきりとした虹です。そしてその虹の外側には、もうひとつの薄い虹が見えます。この虹は天頂に近づくにつれて、かすかにほのかに消えていきます。このような二重の虹を見たのははじめてです。生徒たちの中にはスマートフォンで撮影しているものもいます。わたしも、机の引き出しからデジカメをとりだし、生徒にまじって、自然のもたらす造化の妙を撮影しました。

追記 そして夜には月。
 庭の面はまだ乾かぬに夕立の空さりげなく澄める月かな 従三位頼政
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示