指定校推薦の申し込み

2012/08/29 Wed (No.816)

 どの高校でも、指定校推薦の説明会が開かれ、募集が始まっている頃だと思います。わたしの高校でも、先週、指定校推薦説明会を実施しました。この説明会に参加したものだけが、指定校推薦に申込できることにしたので、100名を超える生徒が集まりました。指定校一覧表はそのあとで公表です。

 一覧表にどこまで載せるかは、各高校によって違いがあると思います。わたしの高校では大学・短期大学と看護専門学校だけを詳しい一覧表にして、一般の専門学校は学校名だけを載せています。

 説明会では、指定校推薦担当の先生に、指定校推薦のメリットとデメリットをお話ししてもらい、たまたま第一志望の大学・学部から指定校推薦の募集がある場合に限って、応募するように伝えました。また、一覧表には書ききれないこともあるので、応募する人は必ず進路指導室で正確な募集要項を確認するように言っています。そんなわけで今週は募集要項の確認に来る生徒で進路指導室はごった返しています。何人かずつ、順番に進路指導室で要項を確認してもらいます。指定校推薦は、高校を代表して生徒を推薦するわけですから、間違いは許されません。校内選考のための志望理由書も書かせて、志望動機が明確であるかもチェックしています。

 もちろん説明会に参加した生徒が、すべて指定校に申し込むわけではありません。一覧表を見て、第一志望の大学・学部がないため、公募制推薦や一般入試を受験する生徒も多いです。また、指定校制度の見直しによって、今年、新たに指定校推薦の依頼を受けた大学・学部や、指定校枠からはずれた大学・学部もでてきています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示