調査書の賞味期限

2010/09/10 Fri (No.79)

 調査書には、3ヶ月という有効期限があります。したがって9月10日発行の調査書は提出先にもよりますが、原則として12月10日以降は使用できません。また調査書の記載内容は、その時点で最新のものである必要があり、2学期の終業式以降は2学期末までの成績・出欠が記載された調査書が必要となります。

 したがって、2学期中に出願する、指定校入試、AO入試、公募制推薦入試の調査書には、1学期末までの成績・出欠が記載されていますが、12月下旬以降に出願する一部の公募制推薦や一般入試の調査書には2学期末までの成績・出欠が記載されます。卒業したのちは、3学期末までの成績・出欠となります。

 また調査書そのものの発行についても時効があります。卒業後何年もたって、看護専門学校などに進学したいという人がいますが、卒業後5年たつと調査書など成績に関する証明書が発行できなくなります。この場合は、「調査書を発行できない旨を記載した証明書」を発行することで調査書に代えることができます。

 卒業後20年を経過したものについては、調査書のもととなる指導要録そのものが破棄されていますので、これも調査書を発行することができません。この場合も「調査書を発行できない旨を記載した証明書」を発行することはできます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示