龍谷大学瀬田キャンパス

2012/07/15 Sun (No.771)

 龍谷大学は、大宮キャンパス、深草キャンパス、瀬田キャンパスと3つのキャンパスから構成されています。入試の難易度からいえば、関関同立に続く第2グループに属します。

 6月の終わりに、滋賀県の瀬田キャンパスで行われた進学説明会に参加してきました。瀬田キャンパスには、理工学部、社会学部、国際文化学部の3学部があります。わたしの勤めている高校の出身で、瀬田キャンパスまで通学しているものが何人かいるので、どんなところか知りたかったということもあります。

 瀬田キャンパスまでは、大阪梅田から新快速を利用して瀬田駅まで約1時間、そのあとバスに10分あまり乗ることになります。わたしが訪れたときは、ちょうど午後からの講義が始まる時間と重なっていたのでしょう、バスは大学へと向かう学生で満員でした。

 龍谷大学の学生をバスのなかから観察したところ、素直で、育ちのいい、おっとりとした性格のように感じました。キャンパスについて、バスから降車する学生の多くが運転手に向かって「ありがとうございました」と挨拶をしているのが印象的です。都会の大学ではあまり見られない光景です。

 キャンパスはきれいで、なにより広大な敷地にゆったりと建てられています。バス停や校門は学生であふれかえっていても、構内に入るとまばらになります。授業の様子は見ることができなかったので、感想を述べることはできませんが、落ち着いた雰囲気の大学だと思います。2015年には農学部が瀬田キャンパスに新設される予定で、そのときには国際文化学部が深草キャンパスに移転するとのことです。

 大学からは、京阪の中書島まで直通バスが出ているので、大阪方面に帰る場合は便利です。ただ新快速と比べて京阪電車は停車駅が多いので、時間はJR経由より余計にかかります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示