進学用調査書(その2)

2010/09/08 Wed (No.77)

 きょうは、進学用調査書の所見欄に記載される事項を、見本を示しながら、お話しましょう。
調査書所見
 「5.出欠の記録」の3年生の部分は、1学期までの記録です。「6.特別活動の記録」の欄には、クラスの役員や学校行事での役割などを書きます。「7.指導上参考となる諸事項」には、学習時や日常生活での特徴、部活動の記録、取得した資格・検定などを記入します。記入すべきことがない場合は、「特記事項なし」とします。「8.総合的な学習の時間の内容・評価」の欄には、「総合的な学習の時間」における活動内容やその生徒に対する評価を文章で記入することになっています。指定校推薦、AO入試、公募制推薦入試など2学期に調査書が必要な場合は、成績も出欠も3年生の記述は1学期までのものを記入します。

 「特別活動の記録」や「指導上参考となる諸事項」の記載事項を、大学が入試の際に参考にするとは思えませんが、担任の先生は、生徒に不利にならないように、生徒のいい面しか記入しません。

 もし、わたしが就職用調査書で記載例を示した大坂育代さんの進学用調査書を書くとしたらこうするだろうという記入例をあげておきます。クリックすると大きくなります。参考にしてください。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示