2013年度大阪府立高校後期入試配点

2012/06/26 Tue (No.753)

 今日は、後期入試の配点についてお知らせします。これも昨年までと大きく変更になりました。全日制普通科では、学力検査が5教科とも70点、計350点となります。調査書も5教科がそれぞれ30点、実技教科がそれぞれ50点で計350点と学力検査と同じ配点になります。そのうえで高校ごとに、学力検査と調査書の比率が6:4、5:5、4:6のうちから決定されます。(出典 昨日と同じ)

後期配点

 実は前期入試、後期入試を通じて変更されたことは配点だけではありません。いままで、男女比率が55:45(45:55)までと決まっていたのに対し、2013年入試からはその枠が撤廃されます。今まで成績が上位であるにもかかわらず、性別によって入学できなかった受験生が救済されます。とはいえその結果、トップ校では男子比率が増加し、中堅校では女子比率が増加すると思われます。体育の授業やクラブ活動などに影響が及ぶのではないかと懸念します。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示