2013年度大阪府立高校前期入試配点

2012/06/25 Mon (No.752)

 2013年度の大阪府の公立高校入試は大きく変わります。先日普通科全日制においても80名を前期募集できることをお話ししましたが、その前期募集での配点一覧表が府教委から発表されていますのでお知らせします。以前新聞の記事を載せましたが、このほうが見やすいと思います。(出典 府教委HP)

前期配点

 これを見ると昨年までばらばらだった調査書の扱いが、英数国が10点、それ以外が20点で計150点と整理されています。また学力検査の基本は各教科50点で黄色の網掛けのあるところの教科だけが100点となっています。明日は後期入試の配点についてお知らせします。
関連記事

コメント

Secret

前期試験の難易度はどんな感じでしょうか

こんにちわ。いつもこちらのブログを参考にさせて頂いています。
2月に行われる公立高校普通科の前期試験の受験を考えているのですが(第二学区で3番手のM高校です)前期試験の試験問題の難易度はどのようになると考えておられますか?
後期試験と同じく問題が2パターン準備されて、学校によってどちらを選ぶかを選択する方式になるのか、はたまた学校ごとに変えてくるのか、どうなるのでしょうか。
また、調査書の配点ですが、理社が20点というのは、10段階成績表の数字に2を掛けたものと考えていいのでしょうか?
そして、普通科も文理学科と同じく、前期試験の倍率は高くなることが予想されますか?
新制度一年目となりますと様子がわからず、心配が募るばかりです。


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示