応募前職場見学での質問

2012/06/24 Sun (No.750)

 応募前職場見学は、就職希望の高校生にとって、就職しようとする職場を知る大変よい機会です。しかし、数年前から必ずしも教師の引率を必要としなくなったので、見学した事業所から生徒への直接の質問も散見されるようです。大阪では、事業所から生徒への質問は基本的に許されていません。とくに採用につながるような質問や個人的な質問はできません。他府県では生徒の氏名を明示するところもありますが、大阪では職場見学に応募した生徒の名前も事業所には明らかにしません。

 今年の「応募前職場見学報告書」には、「あなた自身のことについて事業所から聞かれたことがあれば以下に記入してください」という欄が設けられ、1.名前を聞かれた(ア 保険加入のため イ セキュリティーのため ウ その他 ) 2.住居とその環境 3.家族の職業 4.家族の関係 5.保護者について 6.家庭の環境 7.男女雇用機会均等に関して 8.健康状態 9.志望動機 10.志望職種 その他 の項目について、質問されたことがあれば記入するようになっています。

 これらの中には、就職面接の際でも、明らかな違反質問が含まれており、生徒だけで職場見学に参加した時の違反質問を封じる.意味があると思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示