高校での大学説明会

2012/06/21 Thu (No.746)

 わたしの高校から進学する生徒の多い14の大学の先生方をお招きして、2013年度の入試について説明会をしていただきました。放課後、希望者に対して実施したのですが、200名近くの3年生が残って、それぞれの教室で熱心に説明を聞いていました。2交代制で2つの大学まで説明を聞けることにしていましたが、大部分の生徒が2つ目の大学まで参加していました。

 来ていただいた先生方にも、生徒が入れ替わるとはいえ2時間近くも説明をしていただき、大変ありがたく思っています。また生徒たちも入試に直結する貴重な話を聞くことができ、とても参考になったと言っていました。3年生は夏休みまでには志望大学を決定して、受験勉強ができる体制に入らなければなりません。

 先日のバスによる合同進学説明会、そして高校での大学説明会、来週は国公立大学推薦入試説明会も行います。生徒がどんどん小振りになってきています。勉強量もかつての生徒と比べて減ってきています。馬を水飲み場に連れて行くことができても、水を飲ますことはできないかも知れません。しかし、水飲み場に連れて行かなければ水は飲めないのです。ともかく進路指導部では、仕掛けを多く作って生徒に参加してもらいたいと考えています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示