2014年度は学区制廃止

2012/06/17 Sun (No.742)

 2013年度の大阪府公立高校の入試は、前期日程においても普通科の募集を行うことになりましたが、もっと大きな変化は2014年度入試にやってきます。すなわち学区制の廃止です。

 学区の改編は入試に大きな影響を及ぼします。2007年度の入試で大阪は9学区制から4学区制に改編されました。その結果、交通の便のよい大都市の高校に人気が集中し、旧9学区時代のトップ校でも北野、大手前、天王寺、三国丘の4校に優秀な受験生を奪われ、生徒の学力が低下したところが出てきました。それを救済するためか、かつての学区トップ校に文理学科が創設されたように思います。実際に、文理学科の生徒の学力は普通科より高いと聞きます。

 2014年は今までの学区と関係なく、どこに進学することもできるようになります。もちろん生徒の流動は公立高校に進学する小さなパイの奪い合いです。同じレベルの高校ならより通学の便がよいところ、都会に近いところに行きたがります。

 それぞれの高校は地域の中学との中高連携のネットワークを持っています。そのネットワークもあまり機能しなくなるかもしれません。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示