推薦入試の概況

2012/06/15 Fri (No.740)

 2012年度の推薦入試を概観すると、近大がどの学部でも競争率が下がり入学しやすくなった影響で、それより難易度の低い大学ではさらに合格しやすくなりました。大雑把に言って産近甲龍では、40%の合格レベルを近大がB2とすると、龍谷はB3、京都産大はC1となっています。これはGTZでの値です。また甲南大学は推薦入試を実施していません。

 その次のグループを調べてみると、摂南、追手門、神戸学院、桃山ともC3となっています。昨年と比べたときとくに桃山学院の易化が目立っています。とはいえ看板学部である追手門の心理、神戸学院の栄養などにはB3の学力が必要です。

 その一方で佛大はC1(教育はA1)、大経大はB3、幾央はB2(健康科学はB1)と健闘しています。また大工大がC3となっているのも驚きでした。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示