大きく重い荷物

2012/06/04 Mon (No.729)

進路指導室は2階にあります。これからの時期、大きな段ボールに詰められた校内実施の模試問題が届けられることがあります。こんな場合事前に進路指導室まで運んでくれるように依頼してありますので、2階までもって来ていただけるのですが、運転手のなかにはずいぶん高齢の方もいらっしゃいます。そんなときはもちろんわたしたちも手伝います。しかし若い運転手でも、ときに事務所前にそのまま積み上げて帰ってしまう人もいます。
 
 模試問題なのでそのまま置いておくことはできず、進路部員が担ぎ上げることになりますが、7箱も8箱もあります。教員の平均年齢も高くなり、先日荷物を持って「ギックリ腰」になった進路部員もいます。若くはつらつとした教師が大阪府では不足しています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示