看護師の離職率

2012/05/25 Fri (No.719)

 幾央大学から先生をお招きして、教員対象に「看護・医療系進学ガイダンス」を行いました。幾央大学には優秀な先生方がたくさんおられますが、博学な知識には驚かされます。

 いろいろなお話をいただいたのですが、今日はすこしわき道にそれて、先生があまり触れられなかった看護師の離職率について、いただいた資料を中心に紹介したいと思います。日本看護協会によると2011年度の看護師の離職率は約11%で、リーマンショック以降は年々減少しています。しかしそのなかでも入職1年以内の離職が多いのが問題となっています。新卒看護師がぶつかる壁は、①配置部署の専門的な知識・技術が不足している。②医療事故を起こさないか心配である。③基本的な技術が身についていない。④ヒヤリハット(インシデント)レポートを書いた。だそうです。

 すなわち教育終了時点の能力と現場で求める能力とのギャップが大きく、真面目な看護師ほど悩んで離職するという矛盾が見えてきます。また病床規模が大きくなるにつれて離職率は下がっていき、入院基本料が高いほど離職率は低くなります。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示