確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書とスカラネット入力下書き用紙

2012/05/04 Fri (No.697)

 日本学生支援機構の奨学金を受けようとする皆さんは、高校の定める期日までに「収入に関する証明書類」を貼り付けた「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」と「スカラネット入力下書き用紙」を奨学金担当の先生に提出することになります。

 「確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書」の署名は必ず本人と親権者がそれぞれ自署してください。印鑑も異なるものを押印してください。記入は黒か青のボールペンで行います。鉛筆の使用はできません。「収入に関する証明書類」は各人で異なると思います。保護者に頼んで余裕を持って事業所や役所などに請求してもらってください。

 「スカラネット入力下書き用紙」は鉛筆書きでもかまいません。不備がないように正確に記入しておいてください。学校に提出したこの2種類の書類に不備がある場合は、担当者から指摘がありますので、これも定められた期日までに再提出してください。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示