奨学金は借金です

2012/05/03 Thu (No.696)

 このブログをお読みの保護者の皆さんは、奨学金が借金であることをご承知だと思います。大学生で月8万円貸与されれば、月あたり約2万円を20年間にわたって返済し続けなければなりません。また正当な事由がなく3ヶ月にわたって奨学金の滞納があれば、個人信用情報が「全国銀行個人信用情報センター(銀行系)」に提供され、その情報は「日本信用情報機関(貸金業者系)」と「CIC(クレジット業者系)」に共有されます。この情報が登録されるとクレジットカードが使えなくなったり、住宅ローンや自動車ローンを組めなくなります。

 したがって、奨学金を借りる場合は、あくまでも必要最小限にしておいてください。学生は奨学金をあたかも天から降ってきた生活費のように思い、あとからの返済のことを考えません。実際に奨学生本人の年収が少なく、連帯保証人である保護者が代わって返済しているところも多いと聞きます。しかし、返済は20年間つづくのです。かりにずっと返済し続けるのが保護者だとしても、20年後には年金生活者となっています。保護者の皆さんも、すべてを子どもまかせにせず、奨学金返済についての一定のビジョンを持っていることも必要だと思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示