短期大学に進学する理由

2012/04/25 Wed (No.688)

 『大學新聞4月10日号』に短期大学に進学した理由が載せられています。2011年12月に日本私立短期大学協会の学生生活委員会が発表した「学生生活に関する調査報告書」からのまとめです。下のグラフをご覧ください。

短大進学理由

 短大に進学した理由のトップは「取りたい資格が取得できる」ことで、つぎに「学びたい専門分野・授業がある」とつづきます。第3位と第4位は「経済的理由」と「大学生は2年ぐらいが適当」となります。大阪でも短期大学では、「保育士」や「幼稚園教諭」などの資格が取れるところが人気があります。これらの資格は職業に結びつくもので、どの園に就職できるかは別として、大阪ではどの短大でも就職状況は良好です。経済的理由も重要です。大学と比較すると1/2とまではいかないまでも、学費を抑えることができます。また短大は自宅通学がほとんどですから生活費を抑えることもできます。とくに地方においては、地元と密着した短大が多くあると思います。

 とはいえ関西圏では、短期大学の数は減ってきています。大学が入りやすくなり、4年制大学志望の女子が増えたため、近年伝統のある女子短期大学が募集を停止するようになりました。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示