2013年度大阪府立高校入試変更点

2012/03/30 Fri (No.662)

 府教委から2013年度の大阪府立高校の入試概要が発表されました。

 第1に受験日が少し繰り上がります。前期入試が2月23日から2月20日へ(合格発表は2月26日)、後期入試が3月16日から3月11日へ(合格発表は3月18日)と数日間前倒しになります。しかしこのことによって府立高校の受験者がさほど増加するとはわたしには思えません。というのは、私立高校の受験日が2月10日前後なので、この日程だと今までどおり私立高校不合格のあとでも前期入試に出願可能です。私立高校の事前相談を終えた中学生は依然として無償化された私立高校に専願受験すると思われます。私立高校と競争するのであれば、根本的に入試日程を変更する必要があります。

 第2点は今まで前期入試を行っていなかった全日制普通科でも定数80名を上限に前期入試を実施できるようになります。前期入試の入試科目は、2013年度から国語・数学・英語に統一し、面接や小論文も導入されます。そして後期入試は、5教科の学力検査だけとなります。
関連記事

コメント

Secret

私立高校の無償化

大阪では私立高校の授業料は無償化されています。ただし所得制限があり、標準世帯で年収610万円程度未満は無償、800万円程度までは10万円の負担となります。800万円を超える場合のみ授業料から約12万円を減じた額が必要です。

また公立高校の受験者も減少しており、私学に進学する割合が昨年と比べて増加しています。

コメントをいただく場合は、きちんと調べられて正しい情報をお書きください。

無償化されたのは公立高校のみで、私立高校入試は無償化されていません。

実際に、公立高校受験者は増えてきています。

通りすがりですが、これを信じる方 が私立高校を専願にする方がい?と可哀想だと思い書き込ませて頂きました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 

プロフィール

Author: 進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
検索フォーム
月別アーカイブ