府立高校の卒業式

2012/02/29 Wed (No.632)

 大阪府の多くの高校で卒業式が行われています。わたしの学校でも先日卒業式がありました。寒い一日でしたが、この10年ほどは体育館に大きなストーブを搬入して暖房するので、昔の卒業式のように震えながら式が終わるのを待っているということはありません。

 式進行は教師が行うにしても、式歌や校歌などは吹奏楽部やフォークソング部が演奏します。音響は放送部の担当です。生徒たちが卒業式にかかわることができるのはすばらしいことだと思います。いつもそうなのですが、卒業生退場の場面ではそれぞれのクラスの担任の先生へのサプライズが待ち受けています。感謝の言葉であったり、花束のアーチであったり、ときには胴上げであったりします。担任の先生の中には涙を浮かべている人もいます。クラッカーなど音やごみをまき散らすものを使わないのはさすがです。

 わたしたちは、毎年生徒たちと出会い、そして別れていきます。今年の卒業生を教えたのは3年次の1年間だけでしたが、多くの生徒と進路指導を通じてかかわり、何度も面接練習をしてきました。卒業生も4月からは新しい生活が待っています。すばらしい人生の門出となることを願っています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示