自信を失っている高校生

2012/02/22 Wed (No.625)

 高校2年生が進路を考えるとき、「自分がどうなってしまうのか不安」に感じると答えた人が5割近くいます。終身雇用制度や年功序列制度が崩壊し、競争社会の中で自分を見失ってしまっています。自分に自信をもてず、アイデンティティをなかなか見つけにくい時代です。そのような中で進路を選択するにあたって、自分が競争社会を勝ち抜く学力があるか、はたまた何に適しているのか、何をすればよいのか悩んでいます。

 下のグラフは、進路選択についてどんなことを悩んでいるかを尋ねたものです。自信を失っている高校生の現状が見て取れます。(出典 「親と子のキャリア観」リクルート キャリアガイダンス No.40)

きがかり

関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示