私立大学はC判定で受験

2012/02/01 Wed (No.602)

 3年生の学年末テストが終わり、2月中に何日かは登校日がありますが、卒業式までは自宅待機となります。2月1日からは関関同立をはじめとする関西の難関私立大学の入試も始まります。いよいよ受験のハイシーズンです。個別日程や全学部日程、センター利用や高得点科目加点方式など、各大学によって入試パターンはさまざまです。

 私立大学は、いろいろな方式・日程で受験できますので、模試でC判定くらいあれば合格してきます。合格のための閾値のようなものがあって、それを超えるとおもしろいように合格の連続となります。また不合格の閾値を下回るとどこを受けても残念な結果になります。C判定くらいを適正受験校として、安全校をB判定(不安症のひとはA判定)、チャレンジ校をD判定くらいで受験するといいのではないかと思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示