間一髪

2012/01/31 Tue (No.601)

 進路指導部に電話がありました。昨日の朝のことです。頼んでおいた「単位修得証明書」について連絡がないのでどうなっているのか、という卒業生からの問い合わせです。卒業後5年を超えると、成績などを記載した調査書の発行ができません。その時は出願書類に「単位修得証明書」か「成績証明書」が必要となります。また「調査書を発行できない旨を記載した証明書」も必要です。

 卒業生の名前を聞いてハッとしました。医学部をめざしてがんばっている卒業生です。出願締切日まであと2日しかありません。ことの経緯を事務所で確かめると、先週はじめに事務所に申し込んでいるのですが、連絡が進路指導部にまわってきたとき対応した進路部員が、調査書が発行できないという話だけをして、そこから先が止まっていたのです。「単位修得証明書」や「成績証明書」は進路指導部ではなく教務部で発行します。そのあと教務部との連絡がついていなかったのです。いずれにせよ進路指導部のミスです。

 あわてて教務部に連絡して、すぐに「単位修得証明書」を作成してもらいました。わたしは、その間に「調査書を発行できない旨を記載した証明書」を作成します。

 卒業生に電話して、昼過ぎに取りに来てくれるようにたのみました。出願には「卒業証明書」も必要です。これは事務所が発行します。何とか連繋プレーで必要書類を用意することができました。来校したときに、出願に必要な残りの書類を持参してくれましたので、「卒業証明書」「単位修得証明書」「調査書を発行できない旨を記載した証明書」の3つを同封してその足で郵便局に向かいました。

 郵便局で到着日も確認しました。近隣の大学ですので、1月30日に速達書留で送れば、2月1日には間に合います。すごく温厚な卒業生で「先生、間に合うからいいよ」といってくれましたが、たいへん卒業生に迷惑をかけた一件でした。もし期日に遅れたらと思うとぞっとします。学校から連絡がないので、さぞはらはらしたことでしょう。申し訳なく思います。危ない危ない。間一髪のところでした。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示