奨学金の返還

2010/08/24 Tue (No.60)

 わたしは、奨学金を利用して大学に行くことを勧めていますが、異なった意見を持つ先生もいます。その先生は、400~500万円の負債を抱えて人生を出発することに不安を感じています。去年、奨学金の返還額の約2割が滞納されており、日本学生支援機構は、奨学金の「貸し倒れ」を防ぐために法的措置を強化しています。昨年度、奨学金の返還を求めた訴訟は4233件あり、2004年と比較して、70倍を超える訴訟件数となっています。

 経済が右肩上がりだった時代には、奨学金を返還することにそれほど不安を感じませんでした。しかし、経済状況が急激に悪化した現在、まだ奨学金の返還が残っている社会人も多くいます。「返したくても返せない」状況が現れてきています。収入がへり、奨学金が返還できなくなった場合は、日本学生支援機構に連絡して返還を猶予してもらうことも可能です。そのまま放置しないで、連絡することです。

 大学は生き残りをかけて、学生を集める時代となりました。定員を充足しないと、経営が成り立たないのです。ある進路指導の先生は、学生支援機構ではなく、大学支援機構だといいます。学生に借金させて、大学の経営を助けているというのです。

 そこで、別の問題も近い将来出現すると思われます。大学全入時代の今、意識の低い大学生も増えました。モンスターペアレントが話題になりますが、モンスタースチューデントも少なからず存在します。安易な気持ちで奨学金を借り、就職活動も真面目に行わず、奨学金を「借り逃げ」しようともくろむのです。

 返還された奨学金は、また次の奨学生へと貸与され、経済的に大学に行けない人々の希望のともしびとなります。奨学金を貸与されている人は、そのことを考え、勉学に励み真剣に就職に臨んで下さい。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示