後期日程の出願

2012/01/27 Fri (No.597)

 夕方遅く浪人生が訪ねてきました。後期日程の出願をどの大学にするかの相談です。わたしは直接面識がなかったので、クラブ顧問と一緒です。高校の地歴・公民科の教師希望で、センターの得点はちょうど7割とのことです。

 自宅のパソコンが壊れていて、大学検索ができないというので、さっそく教師用Compassで調べてみます。前期日程のB判定には京都教育大で74%、大阪教育大で76%、奈良教育大で73%必要です。もう浪人したくないというので、本人は前期日程は和歌山大学に出願するつもりです。和歌山大学だとB判定は68%です。順当な判断なので前期は和歌山大学で決まりです。

 安全な後期日程は思いつかないというので、またCompassで検索します。和歌山大学だとB判定です。和歌山大学でもいいと思いますが、2次の試験内容が苦手な小論文となっています。そこでA判定のでる大学を探します。すると鳴門教育大学がヒットしました。小論文よりはまだ苦手でない面接が2次の試験内容です。鳴門なら大阪から高速を使えば2時間程度で到着します。物価も大阪より安いはずです。これ以上絶対に浪人したくないのなら、安全策を取って鳴門教育大学のほうが無難です。

 わたしは、前期和歌山大学、後期鳴門教育大学をすすめました。本人は家に帰って相談するといいます。しかしとりあえず願書は入手しておいた方がいいので、テレメールで速達便で発送してもらうように申し込みました。なんとか出願には間に合うと思います。

 前期のことだけ考えて、後期のことはおざなりになっている人がいますが、後期日程の倍率が高くても、前期での合格者は抜けていきます。出願も前期・後期とも2月1日必着なのでよく考えて自分にふさわしい後期日程の受験校を探してください。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示