奨学金の落とし穴

2010/08/23 Mon (No.59)

 奨学金には落とし穴もあります。
 
 まず第一回の奨学金が入金するのが5月から6月になります。したがって、入学手続きには間に合いません。予約奨学生に採用されたから、もう学費の心配はないと思っている保護者がおられますが、間違いです。AO入試や推薦入試の場合は11月までに、一般入試の場合は2月までに、入学金と前期授業料をあわせて100万円は用意しておく必要があります。

 つぎに、奨学金は学生が将来的に返済していく借金です。毎月一定額が入金されるからといって収入が増えたものと勘違いする学生がいます。8万円コースの奨学金を貸与されている場合、卒業後20年間にわたって毎月2万円ずつ返還していかねばなりません。経済不況の現在、きちんとした勤め口がないと返済がおぼつかなくなります。

 3ヶ月間奨学金の返済を延滞すると、個人信用情報機関のブラックリストにのり、クレジットカードが使えず、住宅ローンが組めなくなります。奨学金を申し込む際には、必要最低限の額にとどめておくことが必要です。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示