どんな一年でしたか

2011/12/30 Fri (No.566)

 年の瀬も押し詰まってきました。皆さんにとって今年はどんな年だったのでしょうか。受験生の人は入試という圧迫に押しつぶされそうになった一年だったでしょうか。あるいは、もう推薦入試で合格して入学を心待ちにしているのでしょうか。

 わたしも経験がありますが、保護者の皆さんにとっても受験生のいる状況はなんとなく落ち着かないものです。放っとけばいいと思いながら、自分のこと以上に心配になるのが親心だろうと思います。

 わたしにとっては結構忙しい一年でした。大学見学会、進路ガイダンス、進路HR、実力テスト、指定校推薦、AO入試、公募制推薦、昨年までとシステムを変更したものもあって準備と実施に時間をとられました。

 12月31日現在での進路希望状況を府教委に報告しなければいけないので、現在データをまとめている途中です。年が明ければさっそく提出です。進路指導部では、1年間に数多くの報告書を書かなければなりません。文科省や府教委提出の文書、進路研究会用報告書、校内での詳細な進路状況、出版社や受験業者向けの進路結果報告などさまざまな形の資料が必要となります。

 とはいえ、今日は恒例のかつての生徒たちとの「忘年会」です。一番初めにつとめた高校のクラブの生徒です。かれらも30台後半から40台の一番忙しい年代となっています。そのため今年は参加者が少なくて20人足らずだと聞いています。ひさしぶりにタイムスリップして、昔に帰りたいと思います。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示