名桜大学の公立大学法人化

2011/12/24 Sat (No.560)

 先日、鳥取環境大学の公立大学法人化と倍率の変化について書きました。私立大学が公立大学法人となった直近の例としては、沖縄県名護市にある名桜大学があげられます。1学年500人程度の小さな大学です。1994年に誕生した名桜大学も公設民営の大学でした。しかし、2007年度から3年連続で定員を充足できていません。とくに国際学群の人気が低迷していました。(参考 朝日新聞 12月16日朝刊)

 この名桜大学も2010年の入試から公立大学法人として出発しています。そこで名桜大学の入試倍率についても調べてみました。下の図をご覧下さい。(出典 『蛍雪時代8月号』2010年・2011年 旺文社)

名桜大


 2010年の公立大学法人として募集する入試から倍率が上昇しているのがわかります。近年人気のある看護学科でとくに急上昇しています。2011年の入試においては入試システムの変更があり、昨年・一昨年との単純比較ができませんので、2011年度は学科ごとの倍率のみ載せています。

 公立大学法人になるということは、学費の値下げを意味します。看護学科では年120万円だった学費が54万円に半減しました。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示