日本学生支援機構奨学金(その1)

2010/08/19 Thu (No.54)

 奨学金で一番有名で、利用者が多いのが、日本学生支援機構による奨学金です。日本学生支援機構は、かつては、日本育英会と呼ばれていました。じつは、わたしも大学・大学院と日本育英会の奨学金を借りていました。日本育英会には本当に助けられました。当時は、教師になると奨学金の返還が免除されたので、わたしの場合はとても幸運でした。現在は、大学院で貸与される奨学金に限って、ごくわずかの成績優秀者のみ返還が免除されることがありますが、それ以外に返還が免除されることはありません。

 学生支援機構の奨学金は、大学・短大・専修学校(専門課程)に進学する場合に利用できます。各種学校や一年課程の専門学校に進学する場合は、対象外となります。ペットスクールや調理師専門学校(一年制)などでは、貸与の対象とはなりません。たとえば、辻調理師専門学校は、料理界では有名な専門学校で、就職実績もすごくいいのですが、調理師本科は一年制で、学費が214万円かかります。保護者の中には、この学費の捻出に奨学金をあてにしている人もいますが、この場合、学生支援機構の奨学金は利用できません。それに対して理美容専門学校は、専修学校の専門課程なので、奨学金を利用することができます。

 進学する学校が奨学金貸与の対象となっているかどうかは、直接進学先に問い合わせてください。進学先が、大学や短大の場合は、問題なく奨学金貸与の対象となります。

 奨学金は、高校を通じて、高校3年の春に貸与の予約をします。4月の終わりには必ず奨学金についての連絡が学校でありますので、時期を見逃さないでください。予約をせずに、進学してから、申し込むこともできますが、進学先の大学・短大・専修学校それぞれで募集枠の制限があり、必ずしも採用されるとは限りません。しかし、高校からの予約奨学金(2種)は申し込めばほとんどの生徒が採用されます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示