就職した卒業生

2011/11/26 Sat (No.531)

 木曜日の午後6時ごろ、居酒屋で働いている卒業生が遊びに来ました。今日は休みの日だそうです。昨年苦労して、やっとトライアル求人で就職を見つけた生徒です。夏に来たときは、痩せこけて「仕事がきつうて、俺もう辞めるかも知れん」といっていました。しかし、今日は「俺めっちゃ働いてんねん」と180度違います。顔色も明るかったし、少し体重も戻ったと言っていました。

 トライアル求人は3ヶ月目が転機です。3ヶ月までは、事業所に月々10万円、3ヶ月を超えて本採用になると、そのときに事業所に50万円が補助されます。しかし、本採用なので辞めさせにくくなります。そのため3ヶ月の試用期間で契約を打ち切る事業所も多いと聞きます。かれは継続して仕事をしていました。仕事場の居酒屋の近くにワンルームマンションを借りてもらい、そこから通勤しています。もちろん居酒屋なので仕事はハードで不規則です。一日16時間働いたこともあるそうです。

 現在では、接客も呼び込みも得意で、その店のナンバーワンだそうです。最近営業の仕事もやりだしたということです。ふつう、契約率1割くらいなのに、4割の契約率を上げているそうです。こうなると仕事がきつくても面白くなってきます。人間はほめられて動くものです。何回か表彰されたとも言っていました。

 わたしが一番最初に辞めるかなと思っていた生徒です。かれにとっては、将来に店を持つことが夢です。数年以内に店を持ち、大学に通っている同級生を、「大学卒業したときに雇ったるねん」と強気です。

 わたしは、高校3年生の時からしか、かれを知りませんが、1年生のときはずいぶん荒れていたそうです。それのかれが、ほとんど毎月高校によってくれます。ずいぶん大人になりました。人間にとって何が自分に向いているかはわかりません。あと何年か後に店に招いてもらうことを楽しみにしています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示