EXCELをWORDに差し込む

2011/11/01 Tue (No.506)

 EXCELデータをWORDに差し込むとき、自分の思い通りの結果にならなかったことがありませんか。たとえば、生年月日がエクセルの表示どおりにならなかったり、エクセルでは小数点1位まで表示されている数字が、そのとおりに差し込まれなかったり。通知簿や調査書などを差し込み文書で作成するとき、このような問題で困ったことがある先生もおられると思います。下の図参照。

 エクセルの表示
エクセル



 差し込んだ結果(芦田隆)
差込1

 
 思い通りの結果となっていません。実はエクセルでは、平成16年1月29日、3.1と見えていますが、それは、「セルの書式設定」によるもので、本当は違う値がデータとして入力されているのです。

 エクセルで見えたままのデータを差し込むには、どうすればいいのでしょう。一番簡単な方法は、ワードに差し込むとき、ワードの「オプション」から「全般」を選択し、「文書を開くときにファイル形式を確認する」にチェックを入れることです。そして、差し込むときに、「データファイル形式」を「Microsoft ExcelワークシートDDE(*.xls)」とします。こうすることによって、見たままの形でエクセルのデータがワードに差し込まれます。

 ファイル形式の確認
ファイル形式確認

 データファイル形式の選択
確認

 差し込んだ結果(芦田隆)
差込2
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示