WEB求人での競争相手

2011/10/14 Fri (No.489)

 先日、高卒求人でもWEBに頼ることの険しさをお話ししました。では、実際WEB求人で勝負するのは、どのような相手でしょうか。下の図をご覧ください。(出典「進路データ」Vol.432 JSコーポレーション)

県内外就職

 県外就職者が多いのは、西日本では、九州地方および高知県です。昨年、事業所訪問をしていたとき、沖縄や九州から受験者が増加しているとおっしゃっている企業がありました。一人暮らしをするのであれば、九州の他県でも大阪でも事情は同じです。大阪のWEB求人に応募するのは、大阪の高校生とは限らないのです。地方の高校生は大阪の高校生以上に気合いが入っています。

 大阪の高校生を大事にしてくれるのは、「指定校求人」および求人票を郵送してくれる「公開求人」です。また11月の合同説明会も、大阪の高校生と近隣の府県の高校生しか参加しません。わたしは、WEB求人を否定はしませんが、多くの競争相手に勝てるだけの資質を備えていることが採用される条件です。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示