公正な採用選考のためのチェックポイント

2011/10/01 Sat (No.475)

 公正な採用選考のためのチェックポイントが厚生労働省から公表されています。次の質問に「はい」か「いいえ」で回答してみてください。

a 高卒予定者用の応募用紙は、全国高等学校統一応募用紙のみとしている。
b 応募用紙(エントリーシートを含む)に、本籍の記入欄がある 。
c 応募用紙(エントリーシートを含む)に、家族構成・家族の職業の記入欄がある。
d 応募者から戸籍謄(抄)本・住民票の写しを提出させている。
e 応募者に現住所の略図を書かせている。
f 応募者から、一律に健康診断書を提出させている。
g 学科試験を行う場合、職務遂行に必要な適性・能力をもっているかどうかを判断するための内容としている。
h 作文を行う場合、「私の生い立ち」や「私の家庭」等の本人の家庭環境や本人の思想・信条を確認するテーマとしている。
i 適性検査を行う場合、専門的知識のある人が実施するようにし、結果を絶対視したりうのみにしていない。
j 面接の実施に先だって、職務遂行のために必要となる適性・能力を評価する観点から、あらかじめ質問項目や評価基準を決めている。
k 面接において、本人が生まれたところや家族構成・家族の職業などを尋ねることがある。
l 面接において、人生観・生活信条・尊敬する人・愛読書などを尋ねることがある。
m 面接は、応募者の基本的人権を尊重する姿勢、応募者の潜在的な可能性を見いだす姿勢で臨んでいる。
n 面接は、応募者に対するできるだけ客観的かつ公平な評価を行うようにしている。
o 家庭状況等の身元調査を実施している。
p 内定者から、戸籍謄(抄)本等を一律に提出させている。

 いかがでしたか。どの項目が不適切であるか、おわかりですか。厚生労働省は、チェックポイントの回答の中でb、c、d、e、f、h、k、l、o、p、が「はい」である場合には、「採用選考システムを見直していただきたい」とのべています。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示