台風15号による休校

2011/09/21 Wed (No.467)

 台風15号による暴風警報が発令されたために、大阪府の高校は休校です。今年は台風が3度も近畿に接近しました。とくに台風12号は、和歌山県で多くの人命を奪い、甚大な被害を与えました。十津川村や那智勝浦は、わたしの子どもが幼かった頃、家族でよく訪れたところです。被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。台風15号は現在までのところ、近畿地方では12号ほどの被害を与えていないようです。

 3度の台風の接近の度に、暴風警報が発令され、大阪の高校は休校となりました。これまでの3度の台風による、大阪での風雨は、台風が通過した地方と比べて格段にすくなく、冬の季節風よりも風速は弱かったと思います。生徒の安全を考えれば、休校にせざるをえないのでしょうが、授業が遅れるほか、遅れた分の補講をどこかでおこなわなければならないので、日程のやりくりが大変です。  

 暴風警報が発令されていても、わたしたち教員は休みではありません。風雨が強ければ、校舎内外を見回り、異常がないか点検します。今日は、さいわい風も弱く、雨もたいしたことはないので、たまっている仕事を生徒に中断されることなく片づけることができました。しかし、進路統計用のプログラムを点検し、大学からの資料を分類し、いくつかの報告書を書き上げ、進路指導室の整理をしているとあっという間に時間がたってしまいます。
関連記事

コメント

Secret



プロフィール

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示