近畿大学理工学部と山口大学工学部

2011/09/17 Sat (No.459)

 あなたは、近畿大学理工学部機械工学科と山口大学工学部機械工学科と両方合格した場合、どちらに進学しますか。なぜ山口大学かというと、近畿大学と同じく3科目で受験できるからです。難易度は河合塾ではほぼ同等、ベネッセでは近大の方が難しいです。

 今日は就職状況についてだけお話しします。近大は面倒見の良い大学です。そのため就職も悪くありません。2011年度の就職先のデータが見つからないので2009年度の機械工学科の就職先をあげます。リーマンショックの影響がほとんどない年の就職です。

株式会社きんでん/住友電設株式会社/富士電機E&C株式会社/森永製菓株式会社/グンゼ株式会社/ダイセル化学工業株式会社/日亜化学工業株式会社/東洋ゴム工業株式会社/NOK株式会社/株式会社栗本鐵工所/神鋼鋼線工業株式会社/日本軽金属株式会社/三菱アルミニウム株式会社/美和ロック株式会社/ダイキン工業株式会社/日立建機株式会社/株式会社小松製作所/NTN株式会社/株式会社ジェイテクト/THK株式会社/株式会社森精機製作所/カヤバ工業株式会社/栗田工業株式会社/フジテック株式会社/株式会社モリタホールディングス/パナソニック株式会社/日本電産株式会社/株式会社明電舎/株式会社小野測器/オムロン株式会社/ブラザー工業株式会社/日立マクセル株式会社/株式会社村田製作所/三菱自動車工業株式会社/トヨタ自動車株式会社/富士重工業株式会社/スズキ株式会社/本田技研工業株式会社/アイシン精機株式会社/ダイハツ工業株式会社/日本車輌製造株式会社/株式会社エクセディ/株式会社ケーヒン/関東自動車工業株式会社/株式会社堀場製作所/日本アイ・ビー・エム株式会社/日立ソフトウエアエンジニアリング株式会社/株式会社富士通エフサス/三菱総研DCS株式会社/富士通エフ・アイ・ピー株式会社/オムロンソフトウェア株式会社/パナソニックAVCマルチメディアソフト株式会社/パナソニックITソリューションズ株式会社/東海旅客鉄道株式会社/西日本旅客鉄道株式会社/山九株式会社/三菱電機ビルテクノサービス株式会社/全日空整備株式会社

 そうそうたる企業が並んでいます。すごく就職がいいですね。しかし機械工学科の定員は170名なのに、ここには58社しか見あたりません。すべての就職先ではなく、おもな就職先を記載しているわけです。大学院に進学するものもいるはずです。しかし、大学院進学者数の記載がありません。近大の他の学科から類推して10%台だと思いますが、確かではありません。かりに多く見積もって20%としても、卒業者のうち、80名くらいの就職先が明示されていません。その人たちの就職先は書くに値しないところなのでしょうか。

 では、山口大学はどうでしょう。2011年のデータも載せられていますが、比較のため2009年度卒業生の進路です。すべての卒業生の進路が書かれています。卒業者は99名。そのうち62名が大学院に進学し、37名が就職しました。その37名の就職先です。

CKD(株),エムイーシーエンジニアリングサービス(株),カテナ(株),コニカミノルタガラステックマレーシア,コベルコ建機(株),スズキ(株)(2),ダイハツ九州(株)(3),ダイハツ工業(株),デルタ工業(株),ポーライト(株),リョービ(株),宇部興産(株),宇部興産機械(株),(株)エクセディ,(株)ユーシン,(株)石崎本店,(株)川崎造船,(株)日立製作所,住友重機械工業(株),日本システムウェア(株),本田技研工業(株),EPSON TOYOCOM MALAYSIA,TIFFANY & Co,アルプス電気(株),(株)アンデルセンサービス,パナソニックエレクトロニックデバイス津山(株),(株)ムトウ,(株)モリグチ,(株)ITコア,(株)ハイエレコン,三笠産業(株),住友金属テクノロジー,川崎重工業(株),日新製鋼(株),(株)日進製作所,東京アカデミー鹿児島校

 耳慣れない名前の企業もありますが、これはすべての就職先です。近大に明示されている企業と較べても遜色ありません。近大のようにこのなかの半数の企業を主な就職先として示せば、有名企業がならびます。
関連記事

コメント

Secret

たびたび申し訳ありません
確認したところ
2009年度の大学院進学率は26.1%でした

2011年度は私も把握しておりません

26%は2011年の物だったようです
すみませんでした

近大の機械工学科の進学者はその年では26%だったと記憶しております。

理工学部全体では34%程だったと思います
これらはパンフレットにちゃんと記載してあったはずですよ?


プロフィール

進路ルーム

Author:進路ルーム
京都の大学で大学・大学院と8年間を過ごし、高校の教師となりました。文系ですが、コンピュータ大好き人間。人間(生徒)に倦むと機械(コンピュータ)が恋しくなり、機械に倦むと人間が恋しくなります。

ブログ内検索
カテゴリ
今まで訪問された方
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示